今回は、前回に引き続き『主体的巻き込まれ』について、チームの支えと治療者の成長を考えたいと思います。

「どんどん巻き込まれたほうがいい」!?の画像