今回は、せのびぃが看護学校の講師を勤めることになって伝えようと思ったことをお伝えしてみます。

「過剰な共感はいらない」と伝えたいの画像