前回「共感」することは難しい、と述べました。そこで、少しでも患者を理解しようと努力するための考え方をご紹介します。

「この患者、ムカつく」と思ったときはの画像