今回は「てんかん」についての話です。日本においててんかんは、小児科、精神科、神経内科、脳外科の少なくとも4科にまたがって診療がなされ、総合内科や救急科にも緊急受診が多いと思います。認知機能低下を主訴に老年病科を訪れることもあるでしょう。それぞれ得意領域が違いますが、苦手にしている医師も多いのではないでしょうか。