前回はトランジションについて取り上げました。今回もその続きとして、てんかんと知的能力障害を持つ方が大人になってから「事例化」することを例に、建設的な関わりと、話者の無意識について考えてみたいと思います。