前回、「枠を決める」「構造化する」ということのメリットについて具体例をあげてご紹介しました。今回は「具体的に」「視覚化して」伝えるという点、また、ある程度のリスクを許容して新しいことを経験してもらうという点をご紹介しようと思います。

「具体的」に「視覚化」すれば、少し上の新しいことにチャレンジできるの画像