前回までの2回、医療者として避けられない「死」について書きましたが、今回からは4回シリーズで発達支援について考えてみたいと思います。自我心理学や対象関係論など、精神科でいうところの“発達”もいつかはコラムにしてみたいとは思いますが、まだ語れるほどの知識がありません。今回のテーマはいわゆる「発達支援」です。

慣れないことは「枠を決める」「構造化」で皆安心の画像