前回はやや独善的内容に終始してしまいましたので、正しく「温故知新」するために、今週は、先達の言を引用させていただくことにします。