前回、片頭痛の患者さんを例にとり、“パッケージ化”された質問をぶつける「攻める問診」をご紹介しました。今回は精神科で同じような手法が行われている例をご紹介します。