前回の続きで、医学部に入り直した中高時代の友人と話した時のことを書きたいと思います。