今年のゴールデンウイークは、あまり塊(大型連休)になって存在していないので、この前の年末年始のようにはなりません。しかし、精神科ではむしろこういった連休こそ一大事です。それがどういう意味なのか、精神科の日常から眺めてみることにしましょう。