ついに、このコラムを書かせてもらって1年になりました。30本目でもちょっとした振り返りを書きましたが、感慨深いものがありますねー。