ついに30本目です。この記事を書く余裕くらいあるだろうと始めた連載ですが、毎週1本書くにはそれなりに労力がいります。しかし、まさにその時その時、自分が思っていたことを半永久的に保存できるという点で、この企画を打診してくださった編集部の皆様、そして支えてくださっている読者の皆様には重ねて御礼申し上げたいと思います。