患者さんとのコミュニケーションの話を以前書きましたが、今日のメインテーマは、「問診が不可能な患者さん」です。それも、意識障害ではなく言語の壁です。