血液培養、略して血培。「敗血症や菌血症を疑った際に、採血をして、患者の血中の菌を培養・同定するとともに、(各種抗菌薬に対する)感受性を調べる検査です」。書くと簡単そうにも見えますが、そうは問屋がおろしません。