女性医師の増加に伴い、妊娠中の医師が院内で働く姿も珍しくなくなりました。妊娠の経過が順調ならば、産前休暇に入るまで働き続けられますが、つわりで具合が悪かったり、切迫流産の可能性から安静が必要になるなど、妊娠によって仕事を休まなければいけないことも少なくありません。

妊娠を考えている先生たちへの画像