医者の仕事の半分は本や文献を読むことだ、と言っても過言ではない。必然的に、本の入手ルートである「Amazon.co.jp」は、医者がよく使うWebサイトの代表となっているだろう。私が医学生の頃は、専門書は大学付属の古めかしい本屋で注文し、入荷するころには忘れているというような状況だった。しかし今は、ほとんどの本がクリック1つで簡単に入手できる。私が日本の最果てに近い西表島の診療所で働いていたときでさえ、2日後には家に本が届いてしまうのだからすごいものだ。