私が離島の診療所に勤務していた頃、診療の合間の楽しみとしていたのは、ビジネス番組の日本企業特集を見ることであった。そういった特集では、世の中にまだあまり知られてはいない小さな会社であるものの、業績が極めて優良な企業が取り上げられており、当時はすごいなぁとただただ驚くばかりだった。しかしビジネススクールで経営学を学ぶ今、改めてこれを見てみると、その多くが「ニッチ企業」であったことに気付く。