私が通う慶応ビジネススクールの教育の特徴として、「ケースメソッド」を採用している点が挙げられる。ケースメソッドとは実際の企業やプロジェクトを分析した生の資料を用いたディスカッション形式の授業のこと。ビジネスの疑似体験を通じて意思決定能力を鍛えられるとして近年、注目を集めている。