皆さん、こんにちは。前回は、疾患経過と疾患バリエーションを知ることの重要性に関して少しお話しました。今回は、若手医師が救急外来で最も頻繁に行う検査の一つであろう胸部X線の読影技術に関する話題を提供します。それでは今月の症例提示です。

X線では分からない? 適切な検査モダリティを選ぶと…の画像