さて、前回は教科書に書いてあることと実際の現場のプラクティスには乖離があるというお話をしました。今回は、これまた現場に出て初めて実感する疾患経過を知ることの重要性についてです。救急外来で絶対に見逃してはいけない心筋梗塞の症例を通じて、少し解説したいと思います。そんなことは病院実習の時から意識していたよという優秀な先生もいらっしゃるかもしれませんが、読んで損はありませんので、しばしお付き合いください。

一期一会の患者でも経過に注目してみよう!の画像