医師2年目で病院全体の教育を担う教育研修委員長に任命されてから、研修医を「医者ボケ」させない新人合宿を続けてきた百武氏。その運営力を買われて政界に誘われ、医療崩壊に揺れる救急医療と地域を守ろうと衆議院選挙に出馬。4カ月の政治活動で一度燃え尽きた後、気が付いたのは「自分は意外とこの仕事が好きだ」ということでした。

意外と医師の仕事が好きな自分に気付いたの画像