6歳の時にブラックジャックや野口英世を読んで以来、脳外科医を志望していました。しかし高3の時に母が急逝。国際会議通訳者の父もバブル崩壊と共に仕事が激減し、家庭を取り巻く環境は悪化の一途をたどりました。

「日本で傭兵、米国で院生」の二重生活を支えてくれた父の言葉の画像