高校2年の秋にゲーテの『ファウスト』を読み、富や名声、地位といった“一人称の幸せ”には限界があると思うようになりました。青年海外協力隊に入ることも考えましたが、映画で見たマザー・テレサの「あなたの国のもっと貧しい人に仕えてください」というメッセージに心を打たれ、日本で医師になる決意を固めました。

医学部4年で思い知った「生死は人智を超えたところにある」ということの画像