HIVの患者にとって、社会との関わりは非常に大きな問題です。HIVに対する知識不足からくる誤解や差別が今なお存在し、それが子供への病名告知の大きな障壁となっています。例えば、同じクラスの同級生が難病にかかってしまったら、クラス全体がその同級生に同情し、助けになりたいと考えるでしょう。しかし、HIVの子供は大抵の場合、そのような扱いは受けません。