就活で厳しい現実を痛感し、落ち着き先がみえない状況ではありましたが、「悩むより、まずは外に出て、体当たりでいろいろな道を探してみよう」というのが私のやり方です。

帰国から2カ月、波乱の新生活です(後編)の画像

ログインして全文を読む