ハーバード公衆衛生大学院(HSPH)の授業で特に印象に残った1つが、Cost effectivenessに関するものです。どの治療法がCost effectiveness(コスト効果)をより向上でき、どれだけ患者のQOLに貢献するのかを吟味する、という内容でした。

Cost effectivenessの授業と「産後48時間」ルールの画像

ログインして全文を読む