今回は、私が妊婦として体験した米国の周産期医療の“悲しい実態”をお話したいと思います。妊娠18週で超音波検査を受けたときのことです。

Rested doctors, but no experienced doctors.の画像

ログインして全文を読む