日本の周産期医療にウーマンパワーをもっと生かすにはどうしたらいいのでしょうか。そもそも日本の女性労働比率は欧米各国に比べて低いという事実があります。日本の女性労働比率のグラフを見ると「M字型」になっており、先進諸国の中でも、30―35歳の働き盛りの女性が離職する傾向が際立っています。

一生涯、産婦人科医を続けたい!の画像

ログインして全文を読む