日本では、数年前より訴訟と過労を恐れ、産婦人科を志す新人医師が減り、産婦人科医師不足と分娩場所の減少で妊婦さんに大きな影響が出ています。産科が抱える問題としては、産婦人科医総数の減少もさることながら、新卒の男性医師が減少していること、また現役の産婦人科医が、医療過誤訴訟や業務上過失致死傷での刑事訴追などのため、委縮しやる気が低下していることが挙げられます。

アメリカも同じです―産婦人科医不足と女性医師の増加の画像

ログインして全文を読む