前回の記事で、麻生副総理の「さっさと死ねるように」という発言に対するバッシング報道が繰り広げられた無意味さと、本当は国民みんながこの問題(終末期医療のあり方)を議論する必要があることについて述べました。このことについて、私は2013年2月20日の参議院予算委員会で取り上げたのです。国会質問の動画をご覧になりたい方は、私のオフィシャルサイトの「動画」をクリックしていただければ15分間ほどの質疑全てを閲覧できます。

ログインして全文を読む