1年間診療を休んでいたため、診察も、気管支鏡などの手技も最初は不安だったが、幸いにも勘はすぐに戻ったようだ。新薬はそれほどなく、病院のコンピューターシステムの変更もないので、スムーズに診療を再開することができた。臨床研究に関しては、まずデータ管理が重要と考えている。

ログインして全文を読む