ボストン生活も残すところ数日となった。何度通ったか分からない通学路も、「ボストン生活はあと数日」と思うようになってからは、急に思い出に変わっていく。この1年、ボストンでの経験は“Priceless”だった。

さよなら、ボストンの画像

ログインして全文を読む