3月23日〜3月30日までハーバード公衆衛生大学院(HSPH)日本人会が開催する「Japan Trip(JT)2008」に参加するため、日本に1週間ほど滞在した。このJTは「世界各国から来ている留学生に日本を知ってもらおう」ということから始まり、毎年春に実施して今年で3回目。ハーバードで学ぶ世界のリーダー候補に、日本のカルチャーや日本の保健医療について学んでもらうとともに、日本にも「パブリックヘルスを知ってもらおう」という目的がある。

公衆衛生の院生が日本の給食に感動の画像

ログインして全文を読む