今年のゴールデンウイークは、米国ニューヨークで開催されたMitral Conclaveという僧帽弁治療に特化した学会に参加してきました。Conclave(コンクラーベ)と言えば、ローマ法王を選出する会議。今年3月に行われたコンクラーベで、何やら密室で、少人数で話し合う様子をニュースなどでご覧になった方も多いと思います。そもそも「僧帽弁」は、欧米のお坊さんがかぶる帽子に見た目が似ていることからの命名。何やら因縁めいた感じがします。

「コンクラーベ」に集まった1000人の外科医の画像

ログインして全文を読む