アメリカで直接の手術指導を受けたDr. Ronald V. Pellegrini。私のキャリアの中で、「蹴飛ばしてやろうか」と本気で思った唯一の上司です。この上司と私、2人の外科医で年間450例ほどの症例をこなしていたのですから、2年半の間、毎日毎日、手術室で患者さんを挟んで向かい合い、毎日毎日、指導を受けました。

「蹴飛ばしてやろうか」と思う上司と働きなさいの画像

ログインして全文を読む