今回の東日本大震災は、東北地方を中心に大きな被害をもたらしました。亡くなられた方のご冥福をお祈りすると共に、1日も早い復興を祈るばかりです。私が勤務する施設でも、建物の一部が破損するなどしたため、3月11日の地震直後から安全を確保するまでの間、すべての手術を中止する措置が取られました。建物は間もなく修繕され、手術可能な状況になったのですが、現実には手術件数の総量制限を掛けざるを得ない状況に追い込まれました。

ログインして全文を読む