卒後10年目を迎えるころ―。一通りのことはできるようになったものの、「じゃ、明日から一人でやってみろ」と言われると、まだ心もとなく、もうワンランク上を目指し始める時期ではないだろうか。私も、そのころ自身の将来について思い悩んでいたことを思い出す(まあ、今も悩みは続いているが…)。

ログインして全文を読む