日本臓器移植ネットワークによる「第11回東日本支部 臓器提供・移植症例検討会」が昨年12月に仙台で開催され、私も参加してきました。検討会では、積極的に臓器提供を増やそうと頑張っている東日本の3施設(東京医科大学、北里大学、聖マリアンナ大学)の医師、看護師の方々が発表し、私も大変勉強になりました。同時に、再び「どうして日本では脳死移植が増えないのか」を考えるきっかけになり、以下の3つのポイントが思い浮かびました。

ログインして全文を読む