「将来の夢は何?」―わが科をローテーションしてくれる若い研修医に、必ずたずねている。研修を始めたばかりの研修医からは、「一人前の医者になることです!」という答えが返ってくることが多い。しかし、私が聞きたいのは、もう少し踏み込んだ夢。そこで、さらに「いや、そんな実現できそうなことじゃなくて、もっと大きな夢だよ」と言うと、多くの若手は「う〜ん」と唸って、答えに窮してしまう。

ログインして全文を読む