今回は、ブログにたくさんのコメントをいただいているので、それに答える形で話しを進めていきます。いくつか見られたのが、班のメンバーが中央の大学の先生ばかりであるとか、土屋のような東京の真ん中にある大病院の院長に地域医療の何が分かるのか、といった類の意見です。これについては、確かに各地域をこまめに見ることも重要だけれども、その前に大枠をとらえておく必要があって、それこそがこの班会議の目的であるとまず申し上げたい。

ログインして全文を読む