これまで2回にわたり、母性社会に住む日本人が共感できる母子の温かい情緒的関係を描いた新旧の英国映画を紹介した。今回は、同じ母子関係を父性社会・米国が描いた映画『8月の家族たち』(2013年)を紹介する。

多剤投与の精神科医に薬を投げつける主人公『8月の家族たち』(2013年)の画像

ログインして全文を読む