高倉健が先の11月に亡くなった。享年83歳。2年前、81歳の時に出演した本作が最後になった。監督は初期のやくざ映画から、高倉と20本の映画を撮った降旗康男。『単騎、千里を走る。』(2006年、日中共同制作で、高倉に心酔していた中国のチャン・イーモウと降旗康男の共同監督)から6年ぶりの出演となった。彼ほどの俳優が6年も映画に出られないのが、日本映画界の現状を端的に示している。

悪性腫瘍で亡くなった妻の遺言『あなたへ』(2012年)の画像

ログインして全文を読む