私は映画の黄金時代に思春期を迎えたので、その後の、特に日本映画の斜陽化と、新しい媒体(ビデオ)の登場に伴う変化(画質や構成)になじめないことが多く、古い映画に懐かしさを抱く。これには年寄りの性癖である「昔はよかった!」という気持ちも幾分あると思うが、私より若い熱烈な映画ファンも、黄金時代の映画をビデオやDVDで鑑賞して「古い時代の映画の方が面白い」と言う。

ログインして全文を読む