2013年9月、山崎豊子氏が88歳で亡くなった。山崎氏は社会派の小説家で、その作品の多くがそのときどきの社会問題をタイムリーに取り上げたものであったため、多くのヒット小説を生み出した。同時に、資料をそのまま使うために、しばしば盗作騒ぎも引き起こしており、こちらでもよく話題になった。

ログインして全文を読む