僕の教室の宮内忠則講師がドイツベルリン心臓センターに留学することになりました。Deutsches Herzzentrum Berlin、通称DHZBです。15年前に僕が約4年間過ごした病院で、僕の心臓外科医としての、ある意味スタートラインとなった場です。今回は、宮内先生の留学決定で思い出した、僕のドタバタ留学挑戦記をお話ししたいと思います。

ログインして全文を読む