元東京地方検察庁検事で名城大学教授(コンプライアンス研究センター長)の郷原信朗先生のいくつかある著書の中に、『思考停止社会』(講談社現代新書)があります。今の社会、特に日本においていかに“思考停止”がはびこっているか、この本を読むとよく理解できます。

ログインして全文を読む