今、この国の医療関係者が直面している閉塞感の根幹は、 医療の“もこもこ感”を理解し難い医療外の人との間の認識のズレにあるような気がします。本質的には、常に未完成でケース・バイ・ケースの対応が求められる医療に対し、外部から、マニュアル化や効率化、適応のルール化などを過度に求められることに対する違和感と言ってもいいかもしれません。

ログインして全文を読む