7月9日付読売新聞によると、「生後2カ月の女児が死亡したのは、出生後の投与が常識になっているビタミンKを与えなかったためビタミンK欠乏性出血症になったことが原因」として、母親(33)が山口市の助産師(43)を相手取り、約5640万円の損害賠償請求訴訟を山口地裁に起こしていることが分かったそうです。

ログインして全文を読む