前回ご紹介したように、患者の闘病記は様々な形で発信されています。そこでは、病をどう受け止め、自分の人生がどう変わったのかといったことが、自由に語られています(関連記事:2010.7.6「闘病記から学ぶ患者目線の医療」)。

ログインして全文を読む